エレクトロニクス室利用上の注意


エレクトロニクス室の鍵について

エレクトロニクス室は平成12年度から出入り口に番号錠を採用しました。
これによりエレクトロニクス室は常時施錠となり、登録された研究室・グループのみしか利用できないようになっています。
エレクトロニクス室の暗証番号は、各研究室・グループごとに登録された連絡担当者に連絡します。
利用者各位はそれぞれ自分のグループの連絡担当者から暗証番号を教えてもらってください。
また、鍵の開け方は、以下の通りです。
1.ノブを時計回りに回し、リセットする。
2.暗証番号を押す。
3.ノブを反時計回りに回す。
なお、新規にエレクトロニクス室利用を希望するグループがありましたら、下記のメールアドレスにご連絡ください。

エレクトロニクス室に関する一般的注意事項

エレクトロニクス室内は禁煙です。喫煙は廊下の灰皿のある場所にてお願いします。
怪我等のないように注意して使用してください。また、使用後は後始末・掃除・電源を切る・消灯等の確認をしてください。
エレクトロニクス室は、その目的に合わせて三つのコーナーに分かれています。各コーナーの利用上の注意をよく理解して利用してください。

資料コーナー

エレクトロニクス室では、「トランジスタ技術」「日経エレクトロニクス」「トラ技スペシャル」等の雑誌を定期購読しています。
また、「東芝レビュー」「SEI World」「EPD」「大工研ニュース」「ETL NEWS」等、定期的に送られてくる情報誌もおいてあります。
定期的に更新するわけではありませんが、トランジスタ規格表や各種カタログも閲覧できるようになっています。
これらの資料の閲覧は自由ですが、みんなで利用するものなので、エレクトロニクス室内でお願いします。
また閲覧後は元の場所に戻してください。
やむをえず資料を持ち出す場合は、出入り口付近に置いてある貸し出し用紙に必要事項を記入し、使用後はできるだけ速やかに返却してください。

ストックコーナー

エレクトロニクス室では、回路製作に必要な部品及び材料類を常備してあります。
常備してある在庫品は多岐にわたるので、近々簡単なリストにしようと思っています。もうしばらくお待ちください。
購入の際には、出庫用パソコンに必要事項を入力してください。
必要事項は以下の通りです。
ユーザーコード・IDコード:各研究室・グループごとに登録されているので、必ず聞いておくこと。
取扱者:グループ内で誰が買い物したか把握するためのもの。アルファベットで5文字以内。
部品番号:各パーツに割振られている4桁以下の部品番号。
数量:個数。
板材は10cm×10cmで1単位。導線は1m単位。パイプやアングルなどは1本単位のものと1m単位のものとがあるので、壁面の表示を参照すること。1m単位のもの及び板材に限り小数点以下第1位まで有効。1本単位のものを小数で買わないようにしてください。
パソコンが入力画面になっていないときは、出庫用ノートに記入の上早田までご連絡ください。
専任の職員がいないので、在庫がなくなってから補充されるまでに若干時間がかかることがありますが、ご了承ください。
回路室の年度は12月1日〜翌年11月30日です。購入費は、受益者負担方式に従って年度ごとに該当研究室・グループに移算請求をします。

製作コーナー

エレクトロニクス室では、回路製作のための簡単な機械加工、組み立てをおこなうことができます。
製作コーナーを使用したら、後片付け・掃除などをきちんとし、利用記録に必要事項を記入してください。特に、はんだごての切り忘れは大きな事故につながる可能性があるので注意してください。
製作コーナーに置いてある工具は持ち出し禁止です。勝手に持ち出されると、エレクトロニクス室製作コーナーでの作業ができなくなってしまいます。やむをえず持ち出す場合も、貸出用紙に必要事項を記入し、できるだけ速やかに返却してください。


工場からのお知らせへ戻る
技術開発室のホームページへ

Last modified : 2000/11/17
mail-to:kouba-www@scphys.kyoto-u.ac.jp